コーヒー豆知識


カフェオレとカフェラテの違い


カフェオレ

・ドリップコーヒー + ミルク

・酸味の方が多く苦みが少ない浅煎り豆を使用

・ミルクとの割合、一般的に50:50

カフェラテ

・エスプレッソ + ミルク

・酸味が少なく苦みが多い深煎り豆を使用

・ミルクとの割合、コーヒーが20:ミルクが80

※カフェラテは、エスプレッソマシーンがないと作れない


カフェオレに適した豆

①深煎り

濃厚なミルクに負けない、苦みの強いコーヒーを選ぶことが、ポイント

[ルシティロースト]

  • マンデリン
  • トラジャ
  • サントス
  • コロンビア
  • コピ・ルアク
  • コナ
  • エレファントマウンテン
  • ジャバロブスタ
  • キリマンジャロ

[フレンチロースト]

  • モカシダモ
  • ベトナムロブスタ

[イタリアンロースト]

②豆は細挽き

濃厚な牛乳に負けず、よりコク味を高める為に細挽きを選ぶ。粒が細かくグラニュー糖ぐらいの大きさが目安。

③できるだけ新鮮な豆を選ぶ

・約二週間以内に使う

時間の経過とともに香りが弱くなっていき、酸化による嫌な酸味や苦み・雑味が出てくる。


参考サイト1(main)

カフェオレに合うコーヒー豆の選び方!ポイントとおすすめの豆も!



その他の知識


ブラック

酸味と苦みのバランスがとれた、浅煎りか中煎りのコーヒー豆がおすすめ


ブレンドとは

・さまざまなコーヒー豆を混ぜ合わせて飲みやすく仕上げたもの

種類が多く何を選んでよいのか分からない方は、とりあえず「ブレンド」を選ぶと、クセのない、美味しいブラックコーヒーが楽しめる。


ボディとは

一言でいうとコク。油分が多いのがフルボディ


コーヒーの効果

・カフェイン効果

覚醒作用、集中力を高める、利尿作用による老廃物の排出促進、胃壁に適度な刺激を与えて胃酸の分泌をうながし、消化を助ける働き、

・ポリフェノールの効果

がんや、動脈硬化、心筋梗塞、などの生活習慣病の予防に効果、紫外線による肌のダメージを防ぐ効果・しわやたるみ、シミなどの対策

・ダイエット効果

脳からの指令で脂肪代謝へ働きかけることで、脂肪燃焼を高める作用

  • リラクゼーション効果
  • 交感神経が強く働く

・カフェインの過剰摂取

めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、吐き気など


焙煎による違い、特徴

コーヒー豆の焙煎


焙煎+銘柄一覧

https://www.verdi.jp/beans/roast.html


コーヒー豆銘柄一覧

http://www.horisagel.net/contents/001_coffee/06.ht


電動ミルおすすめ

http://monomania.sblo.jp/s/article/97902607.html



考察


・イタリアンロースト 評価4/5

牛乳:コーヒー 5 : 5 でちょうどいい苦味のあるカフェオレで美味しい。ちょっと苦味が強い気がする。

・ブラジル 評価1/5

牛乳:コーヒー 3 : 7 で飲むのがいい。ただ、独特の匂いが気になる。これは致命的。

<マンデリンフレンチ> 評価5/5
苦味 9.5/10、 ボディ 9.5/10、 焙煎 9.5/10(深煎り)
変な匂い(癖)がなく、牛乳と50:50で割ると
ちょうどいい濃さになり飲みやすい。
<カフェオレブレンド> 評価3/5
苦味 9.5/10、 ボディ 9.5/10、 焙煎 9.5/10(深煎り)
色々な味や匂いが混ざった感じがする。カフェオレとして合わなくはないが普通。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です