Dialogflow(チャットボット)

【ログイン】
■DialogflowGoogle Cloud Platformプロジェクトのセレクタページ
【作業手順】
①Dialogflowエージェント作成
②プロジェクト作成
③サービスアカウントの作成、キー作成
④環境変数の設定
⑤Cloud SDK をインストール
⑥Dialogflow クライアント ライブラリをインストール
【用語】
■Dialogflow
 言語を理解し分類する。言語解析エンジン。
■エージェント
 エンドユーザーとの会話を処理する仮想エージェント。
アプリやサービスが理解できる構造化データに変換する。
■インテント
 1 回の会話ターンにおけるエンドユーザーの意図を分類する。(マッチング)
 └ トレーニング フレーズ
 └ アクション
 └ パラメータ
 └ 回答
■フォローアップ インテント
 インテントのペアのコンテキストを自動的に設定出来る。

■エンティティ
 └ エンティティタイプ
    エンドユーザー表現のデータの抽出方法を指定する。
 └ システムエンティティ
    さまざまなタイプのデータに対応する事前定義。
 └ カスタムエンティティ
    カスタムデータを一致させる。

■コンテキスト
 ある人が「They are orange」と発話した場合、they が何を指すのかを理解するのに必要。
インテントを正しく一致させる。
 └ 入力コンテキスト
 └ 出力コンテキスト

■Dialogflow コンソール
 ウェブユーザー インターフェース
 ・エージェントを作成
 ・ビルド
 ・テスト
■Google Cloud Platform(GCP)Console
 Dialogflow リソースの設定と管理に使用する。
■プリンシパル
 リソースへのアクセスを許可できるエンティティであり、ID とも呼ばれます。
■ユーザー アカウント
  Googleアカウントとして管理され、開発者、管理者、Google Cloud とやり取りするユーザーのことを指す。
■サービス アカウント
 Cloud IAMによって管理されるもので、人間のユーザー以外のものを指す。
【参考サイト】
・Dialogflowとは動作原理料金プラン
・使用手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です